トップページ > 学校案内

学校案内

「叡智(えいち)の泉 真心の炬火(ともし)」

校長 松下みどり

校長 松下みどり

創立者 Sr.江角ヤス先生は、東京純心を建てる地をこの滝山に見つけました。そして、この地を歩きながらここで育っていく生徒たちについて思いめぐらし、その熱い思いを校歌に託しました。この校歌の歌詞には純心学園の教育理念が見事にまとめられています。「叡智(えいち)の泉 真心(まごころ)の炬火(ともし)」という表現も校歌に歌われているものです。

純心が目指す教育、それは、泉の如く尽きて止まない子どもたちの可能性・潜在能力を引き出す教育です。そして、その叡智を、人さまのために用いて、世界で活躍してほしいと願っています。炬火は、あたりのものを照らします。人を照らし、道を示し、歩みを確かなものとします。世の光、希望となる人材。東京純心の生徒たちがそのような存在となってほしいのです。

学校とは、本来知識の詰め込みをするところではなく、「知の教育」と「こころの教育」のバランスをとりながら、生徒たちが成熟した大人になってゆく過程の鍛錬の場です。
純心では、叡智、真心、貢献を三つの柱とし、具体的に次のような女性像を目標に教育を行っています。

叡智:誠実に考え、語り、行動できる人

真心:他者の心に寄り添うことができる人

貢献:平和を希求し、未来に貢献できる人

純心で学ぶ生徒たちが、かけがえのない存在として愛されているという経験を積み、自分の存在価値に対する確信を得て、聖母マリアのような優しさと賢さと実行力をもった女性に育ってほしいと心より願っております。

東京純心女子中学校
東京純心女子高等学校
校長 松下みどり