トップページ > 学校案内 > ピックアップ純心

英語のスピーチコンテストが行われました

 中学1年生は各クラス2グループずつが代表で発表する「絵本朗読」、中学2年生は「課題文暗唱」、3年生はそれぞれが作成した「スピーチ」の発表で、各クラスから代表者が舞台に立ちました。 

 「絵本朗読」では、グループのチームワークが欠かせません。どのグループも、よく工夫された、息の合った発表でした。その可愛らしさが上級生たちの心を捉えていました。

 中学2年生は、課題文を正確に覚えていることは勿論、内容を自分なりに「理解」して、自分の言葉のように聴衆に伝えることが大切です。今回の課題文は、「ウォルトはミッキーと共に」と「私には夢がある」(キング牧師の話)でした。それぞれが気持ちのこもった発表で、身振り手振りや表情も含め、堂々とした発表でした。

 中学3年生は、上級生の貫禄を見せてくれました。今年度のスピーチのテーマは、「女性が活躍する社会」や「日本語や日本の文化」に関連したものが多く、聴衆も自分の立場や役割について色々と考えさせられる機会になったのではないでしょうか。英語は伝達のツールでしかありません。そのツールを使って、いかに説得力のある意見を言えるかどうかが大切です。スピーチを作成する中で、自分の意見を言うためには、常にアンテナを張って情報収集し、物事を「自分のこと」として考える力が必要だ、と痛感した生徒が多かったようです。


中1の受賞者

中2の受賞者

中3の受賞者

丘友会FB