トップページ > 進路指導 > 高校進路活動

高校進路活動

高校進路活動

高校の進路活動では、参加型の体験やガイダンスを効果的に設けています。生徒一人ひとりが高い志と個々の目標を見出し、そのために何をどのように学び、進路を選択すればよいのかを考え、自発的に行動するためのサポートを行っています。
卒業生から直接話を聞く機会を様々な形で設け、入試対策、学習方法、大学での学び、仕事についてなど、多くのことを具体的に教えていただき、自らの進路を考える契機としています。こうした「生徒たちが自分で考え、高い志と個々の目標を見出す」進路指導と、きめ細かい各自の進路に応じた学習指導とによって、個々人の学習意欲を高め、希望する進路へと導いていきます。

高校1年
●宿泊進路研修
●進路適性検査
●大学講義体験
●在校生と卒業生との懇談会
●進路ガイダンス
高校2年
●オープンキャンパス訪問報告会
●大学講義体験
●生き方講演会
●在校生と卒業生との懇談会
●大学研究室訪問
●国公立ガイダンス
●進路ガイダンス
高校3年
●早慶ガイダンス
●生き方講演会
●在校生と卒業生との懇談会
●入試直前ガイダンス
●進路ガイダンス

宿泊進路研修

進路を具体的に考える第一歩の研修 高校1年

高校生になると、具体的な進路について考える機会が必要となってきます。大学受験について考える入口として、高1の秋に1泊2日の進路研修を行います。
目的は、一人ひとりが自分の進路目標を明確にし、高校2年生の文理選択に備えるためです。また、この時期は多くの生徒が受験についての知識をあまりもっていないので、それぞれが抱く受験に対する不安や疑問を、皆で共有し、解決のヒントを得ることも、目的の一つになっています。
また、前期に実施した「進路適性検査」の結果を返却し、利用の仕方の解説も行われます。

宿泊進路研修

【研修内容】
大学入試についてのガイダンス(学校)→研修所へ移動
教員によるカリキュラム説明→グループディスカッション
教員によるパネルディスカッション
夜の自由相談会

文理選択は何を基準にするのか、志望大学に行くためには何を勉強すればよいのか、受験科目に対応する勉強法は、教員などと様々な悩みを皆が抱えていることを知り、安心するようです。
共有した悩みは、教員などによるアドバイスによって、それぞれが解決へのヒントを得ていきます。夜遅くまで友達と教員を囲んで相談する光景が毎年見られます。
この研修により、少しずつ自分の進路について明確に考えられるようになり、また、自発的に勉強する大きなきっかけにもなっています。


進路ガイダンス

各学年ごとに目的に合わせて多彩なガイダンスを行い、生徒、保護者の進路についての悩みや不安に対応しています。以下はおもな企画の紹介です。

保護者対象進路説明会、講演会

大学講義体験 高校1年高校2年

大学講義授業は純心に直接各大学の先生方にお出でいただき「大学模擬授業」を受ける体験です。この取り組みは、文理選択を目前に控えた高校1年生と具体的な大学・学部選択を始めている高校2年生を対象に、より大学や学部への興味関心を広げていくために、毎年実施されているものです。

2016年度は、12の大学の先生方にご協力をいただき、19講座開講することが出来ました。文系講座では語学・外国語学や心理学の講座、理系講座では化学や薬学の講座など多岐にわたり、生徒たちは自分の興味のある2つの講座を選択し受講することができました。

早慶ガイダンス 高校3年

入試対策講座 高校3年

特に高3に向けて入試特別対策講座を開き、直前まで受験勉強をバックアップしています。

センター試験プレテスト
センター試験直前講習


在校生と卒業生との懇談会

在校生と卒業生との懇談会
在校生と卒業生との懇談会

春の「在校生と卒業生との懇談会」(略して在卒懇)は5月に行われます。在校生は文系・理系そして美術系・音楽系等に分かれて、卒業生の純心生時代の生活と学習、受験本番の感想、受験期の学習方法、そして大学生になっての実感など、様々なお話を伺います。後半は、卒業生と在校生とで、小さなグループに分かれて自由に懇談します。
自由懇談では話が盛り上がり、「もう時間なの!」との声があがるほどです。在校生にとって進路の一助となる貴重な機会になっています。

秋の「在卒懇」は11月に行われます。進路選択を控えた高校1年生が、卒業生から学部学科の話を伺うことを主な目的として開催しています。

この日のために、わざわざ遠方から駆けつけて下さる卒業生もいます。そして、夢や志に向かって勉学に励む卒業生の姿を見て、在校生もいま自分が抱えていた悩みや迷いと向き合い、解決方法を見出すヒントをいただいています。