トップページ > 進路指導 > 中学進路活動

中学進路活動

中学進路活動

中学での進路指導は、他者との出会いを通じて、生き方や仕事について一人ひとりが考える力を養うことを大きな目標としています。具体的には女性の生き方研究や近隣高齢者施設でのボランティア活動、NPOで活躍する方へのインタビュー、保護者や卒業生による職業ガイダンスなどを、3年間で段階的に経験し自分の視野を広げていきます。こうした経験から、生徒たちは、将来の自分の目標や進路選択のために、どのような学びが必要なのかを自分の力で模索できるようになります。

中学1年
●女性の生き方研究
●施設訪問
●卒業生進路講演会
中学2年
●NPOで活躍する人にインタビュー
●卒業生進路講演会
●高3先輩の話を聞く
中学3年
●保護者による職業ガイダンス
●卒業生進路講演会
●高3先輩の話を聞く

女性の生き方研究 中学1年

「今この女性が知りたい!」自分のなりたい女性像をみつける
中学生では、まだ自分の将来の仕事を具体的に思い描くことは難しいかも知れません。職業調べよりも、まず女性の生き方について考えることが第一と考え、中学1年では活躍した著名な女性たちについて学ぶ機会を2015年度より設けています。
 「今この女性が知りたい!」と銘打って、2015年度はテニスプレイヤーの伊達公子さんや津田塾大学創設者の津田梅子さん、政治家の市川房江さんら6人を取り上げました。

女性の生き方研究

4~5人のグループごとに割り当てられた人物について調べ、各クラスで発表し合うことを通して、自分の担当以外の女性についても知ることになります。優秀グループには、学年全体の前で発表する場が設けられます。

多感な中学生の時期にお手本となる女性たちを知り、自分はどんな女性になりたいのかを模索することには、大きな意味があります。また、結婚や子育てといったライフスタイルとの両立に奮闘した著名な女性たちの姿から、自分の母親に対して新たな想いが芽生えることもあり、非常に意味のある活動となっています。

NPO探検隊 中学2年

中学2年生の進路活動として、夏休み期間(7月)を利用し、NPO法人で活動する人へのインタビューを実施します。

この活動は、自分が興味を持っているテーマごとに構成されたグループに分かれて取り組みます。テーマを深く探究する中で生まれてくる疑問としっかりと向き合いながら、現代社会が抱える課題への問題意識を明確にするとともに、社会に貢献する生き方について考えていくための活動です。2016年度からの新しい取り組みです。

2016年度、以下の8団体のNPO法人にご協力いただきました。
●薬物乱用防止協会●フュージョン長池公園●自立生活サポートセンター・もやい●市民の図書館・公民館こがねい●東京都中途失聴・難聴者協会●フレンズ・オヴ・アニマルズ●ふくしま再生の会●自然環境アカデミー

NPO探検隊

NPOについての詳細を調べ、インタビュー相手に直接アポイントメントを取り、実施場所までの行き方や待ち合わせ場所・時間などの計画を組むことも、生徒たちの学習活動の一つとして取り入れています。インタビューの結果を純心祭にて発表しました。NPO法人の関係者の方々や多くの保護者の皆様方が発表の様子を見に来てくださいました。

職業ガイダンス 中学3年

職業ガイダンス

保護者による職業ガイダンス
中学3年生では11月の土曜日の3・4時間目を利用して、「保護者による職業ガイダンス」を行っています。中3の保護者の方にご来校頂き、ご自身の仕事の内容や心構えなど幅広くお話していただく企画です。 2016年度は8名の保護者の方が講師となり話をしてくださいました。生徒たちはそれぞれ関心のある職種のガイダンスを2つ選択して参加しました。普段の授業ではなかなか聞けない仕事の話を伺い、視野も広がり、今後の進路に向けて考えを深めていく上でのヒントをいただく良い機会になっています。

卒業生進路講演会

卒業生進路講演会
社会人として活躍している卒業生に、現在の仕事内容や今の仕事につくまでの過程を中学生にもわかりやすくお話いただきます。中学時代の勉強方法、クラブ活動、友人関係の悩み、進路を決めた時期、いまだから言える失敗談など、中学生は皆、興味津々に耳を傾けています。あこがれの先輩が熱く語る姿を目の前にして、「やっぱり勉強は大切だ!」と頑張る気持ちをかきたてられています。中学2年生も一緒に参加しています。