ホーム>地域一般の方>ニュース一覧>平成30年度公開講座 11月17日(土)パイプオルガンリサイタルのご案内(終了しました。)

平成30年度公開講座 11月17日(土)パイプオルガンリサイタルのご案内(終了しました。)

パイプオルガンリサイタル~パイプオルガンにおける足鍵盤の意義~

日時
平成30年11月17日(土)14:00開演 / 13:30開場

講師
酒井多賀志(本学客員教授)

場所
東京純心大学 江角記念講堂

演奏曲目

D.ブクステフーデ:前奏曲、フーガとシャコンヌ ハ長調 BuxWV137

J.S.バッハ:前奏曲とフーガ 二長調 BWV532

F.メンデルスゾーン:オルガンソナタ第1番 ヘ短調 Op.65-1

C.フランク:コラール第3番 イ短調

酒井多賀志:「夕焼け小焼け」の主題による変奏曲 Op.48

酒井多賀志:幻想曲「一陽来復」 Op.74 他

講師からみなさま

鍵盤楽器の中で、オルガンの際立った特徴は、手鍵盤の音域の半分以上ある足鍵盤の存在です。このような形はブクステフーデが活躍した17世紀からですが、それにより、オルガン音楽は独自の世界を作り上げることになりました。バッハの音楽の深みと、躍動感は足鍵盤の存在が深く関わっています。彼に続くオルガン音楽の作曲家もそのことを踏まえており、今回それを探ります。

入場料
無料

定員
800名(当日先着順。事前申し込みは不要です。)

お問い合わせ
東京純心大学 地域共創センター
TEL:042-692-0326(代表) / FAX:042-692-5551
e-mail:gakusyu@t-junshin.ac.jp

 ※本講座は八王子学園都市大学いちょう塾への提供公開講座です。