ホーム>学部・学科>現代文化学部こども文化学科>こども文化学科の概要

こども文化学科の概要

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

現代文化学部こども文化学科では、建学の精神と基本理念を理解し、人間発達と人間社会の原点である<こども>とこどもをとりまく文化全般である<こども文化>を探求しようとする人、保育・教育に関する専門的な知識と技能を習得して地域社会で生かそうとする人、具体的には、下記の適性、能力等を有する人を受け入れます。

1. あらゆるものごとに対して真摯に向き合い、他者とのコミュニケーションにおいて誠実な人。そのための基礎的な日本語力と文章表現能力を身につけている人
2. 心身ともに健康で、奉仕の心とそれを実現する体力を持ち、協働・参画・実践する人。自己研鑽にたゆまぬ努力をする人
3. こどものこころやあそびに共感し、それらを探求することを通して専門的な知識と技能を身に付けようとする人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

建学の精神と基本理念を踏まえ、人間発達と人間社会の原点である<こども>とこどもをとりまく文化全般である<こども文化>を探求し、こどもとこどもの心を持ったすべての人が生きる現代社会に貢献できるよう、「こども・からだ・こころ・あそび」の四つのキーワードを基盤に教育課程を編成しています。

1. 感性教育の伝統を基に<表現系科目>を重視する
   ――ピアノ・リトミック・造形・絵画表現・言語表現(絵本・読み聞かせ)
2. 人間教育の伝統を基にした<実践型科目>により主体的な学修を重視する
   ――野外文化活動、言語文化海外実習、リベラルアーツ実習、小学校英語インターンシップ
3. 現代社会に貢献できる人材育成のために<資格課程>を備える 
   ――保育士課程、幼稚園教諭課程、小学校教諭課程

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学の建学の精神と基本理念に基づき「愛に根ざした真の知恵」を身につけた国際社会、地域社会のよき担い手を育成します。
こども文化学科の教育課程を履修して所定の単位を修め、下記の能力を備えた者に卒業を認定し、学士(こども文化学)の学位を授与します。

1. .「こども・からだ・こころ・あそび」の四つのキーワードからのアプローチを学修し、現代社会の中で主体的に判断し表現できる資質を備える。
2. こども文化の研究を通して研鑽した豊かな感性と人格の陶冶をもって、世界の平和のために協働できる。
3. こども文化全般への広い視野と深い認識をもち、保育・教育に関する豊かな専門的知識と技能を習得し、こどもの「育ち」に資することができる。
 

教育内容概要

キリスト教ヒューマニズムに基づく人間教育
  ・ 純心セミナー
・ オリエンテーションキャンプ
・ キャンドルサービス
・ 創立記念行事
・ クリスマス行事
  オリエンテーションキャンプ
芸術文化リベラルアーツの伝統
  ・ 感性教育
・ 平和教育
・ 合唱音楽
  トーンチャイム演奏
体験・実践型授業の重視
  [特色のある授業]
・ 野外文化活動
・ 言語文化海外実習
・ リベラルアーツ実習
  (ボランティア活動の単位化)
・ 小学校英語インターンシップ
野外文化活動
表現力の育成
  [特色のある授業]
・ ピアノ
・ リトミック
・ オペレッタ
・ 造形あそび
・ 絵本
・ 読み聞かせ
・ ストーリーテリング
人形劇
3つの資格課程
  [資格・免許]
・ 保育士
・ 幼稚園教諭一種
・ 小学校教諭一種
卒業論文発表会