ホーム>学部・学科>現代文化学部こども文化学科>教育内容

教育内容

4年間の学び

入学から卒業まで

入学から卒業まで

こども文化学科の科目紹介

純心セミナーの必修科目
現代文化セミナー
  大学生になると、学びの点でも生活の点でも高校生のときとは大きく変わります。さらに卒業後は社会人としての品格と行動が求められます。「現代文化セミナー」では、大学生に期待される基礎的な「学びの態度・方法」や「生活・マナー」など、高校生から大学生へのスムーズな移行を図るための多彩なプログラムが準備されています。また1年次よりキャリアプランを考えます。

キリスト教学
  人は日々苦しみや痛み、あやまちとゆるしに直面しながらも、それを越えたところにある愛・真の幸福・永遠の命への希望を抱いています。これらのことがらについて聖書をひも解きながらキリストの思想に触れ、キリスト教の基本的理解を深めます。さらに、「キリストの教えに基づいて真善美を追求するために、聖母マリアを理想とする」ことを建学の精神とする本学において、聖母マリアを身近な存在と感じ、その模範に倣うことは大切なことです。キリストの教えを基礎にして、キリストの母である聖母マリアについて理解することをめざします。

専門応用科目
こども文化セミナー
  特定の専門分野について徹底的に学び取るのが「セミナー」です。専任教員がそれぞれの専門分野にもとづいたセミナーを開講しています。こども文化学科では3年次から、自分の興味関心のある分野を選んで履修します。専門的な内容を、少人数で、じっくり学べることが特徴です。より学びを深めるために、同じセミナーを繰り返し履修することができます。また、その専門分野で求められる論文の書き方や制作の方法などの研究方法を身につけ、4年次の卒業論文・卒業研究・卒業制作へとつなげます。

卒業論文・卒業研究・卒業制作
大学生活をとおして修得してきた専門的な知識、教養と体験活動によって研究した知恵を文字情報として整理・整頓し、成果として公にるすものが卒業論文であり、卒業研究です。そのため、卒業論文では一定のテーマ(主題、課題)を設定し、論文を作成します。先行研究を踏まえながら、オリジナルな論を展開します。また、卒業研究では実地調査、翻訳などの成果をまとめます。他に、卒業後、現場でも活用することができる教材などの制作もあります。   

専門教育と取得可能な資格・免許

絵本文化

絵本文化

福音館書店の「こどものとも」の人気絵本の中から、ロングセラーとなっているベストセレクション12冊が教科書です。
大型絵本の読み聞かせや紙芝居の演じ方、ストーリーテリング(語り)の練習をとおして昔話や物語、詩の世界を体験し、その魅力を学びます。
たくさんの絵本や物語、児童文学作品を読み直しながら、その豊かな世界を再認識し、ワクワクするような空想、ドキドキするような冒険をこどもたちと一緒に楽しめる大人になりましょう。

[カリキュラムポリシー] 

絵本を学び、読み聞かせやストーリーテリングが得意になります
1 「こどものとも」(福音館書店)が教科書です。
2 「おはなしのろうそく」(東京子ども図書館)を語れるようになります。
3 よい絵本、よい紙芝居が選べるようになります。
4 お話をたくさん知っている魅力的な保育士、幼稚園・小学校の先生になれます。
第一線で活躍する作家や翻訳者、編集者によるレクチャー
1 『ぼくは王さま』の和歌山静子さん、『あそぼうあそぼうおとうさん』の浜田桂子さん、
「14ひきのシリーズ」のいわむらかずおさんなど、人気絵本作家を招いた講演会があります。
2 福音館書店、岩崎書店、講談社、光村教育図書など日本を代表するこどもの本の出版社で活躍する編 集者から直接お話を伺えます。

[科目紹介] 

児童文化論
絵本・紙芝居・ストーリーテリング・童話・童謡・伝承遊びなど、こどもを取り巻く文化の歴史と実際を学びます。優れた作品を多く知る実践者を育てます。
児童文学論
イソップ、グリム、アンデルセン...、昔話、宮沢賢治、新美南吉...日本と世界の名作童話を改めて学びます。作家、作品、その背景を知り、名作の魅力を再確認します。
あそび文化セミナーLC(絵本と表現)LD(こどもの本と文化)
絵本文化全般を広く研究します。作家研究、アジアの絵本研究、出版社研究、読み聞かせ文化研究など、絵本文化全般についてテーマを決めてアプローチします。
言語表現活動
絵本の読み聞かせプログラムを季節やテーマ、対象年齢に応じて自由に楽しく構成できる実践力を身につけます。たじゃれやなぞなぞなど言葉遊びの力も磨きます。
造形あそび I・II
身近な中からテーマを見つける喜びとそれを造形表現していく喜びを育てます。絵本や紙芝居の制作をとおして観察力と考える力の大切さを学びます。

 

こども心理

こども心理

現在、こどもをめぐる様々な課題があります。こどもの育ち、子育て支援、社会のこどもたちを育てる意義、そしてこころの傷みを抱えたこどもたちの理解とサポートについてなど、こども心理科目群では、こどもとおとなのこころの共感的理解者をめざして、こどもの育ちについての保育現場での実践的学びや児童文化(児童文学、絵本やアニメなど)、芸術領域等を手掛かりにこどものこころの探究をするなど、多角的にこどもとおとなのこころを考えます。一緒にこどもの気持ち、人間のこころを大事にするこころの学びを深めていきましょう。

[アドミッションポリシー] 

こどもとおとなのこころの理解者を主として養成します。
1 こどもの心身の発達に興味がある人
2 こどもがいる家庭の支援に関心がある人
3 こどもの心の問題について学びたい人
4 人間のこころを大切にするおとなになりたいと考えている人
5 こどもの文化や芸術について心理学的探究をしたい人

[カリキュラムポリシー] 

実証科学的な思考力と柔軟性のあるコミュニケーション能力を身につけるカリキュラム編成
1 発達、教育、人間性にかかわる心理学科目を用意しています。
*保育士、幼稚園教職課程、小学校教職課程の専門性を深め、人間のこころを深く理解しようとする専門家をめざします。

[科目紹介] 

保育の心理学 I・II
保育の心理学Iでは、こどもの情緒的・認知的・身体的発達について講義をとおした学び、保育の心理学IIでは、保育現場で実際に出会うこどもの行動について実践的に学びます。
心理学概論
日常生活の中でのこころの働きについて、感覚・知覚、学習・思考、性格、対人関係の心理学における実証的研究を紹介しながら広く学習します。
教育心理学
発達、認知、学習、性格理解、評価など教育現場で役立つ心理学を手がかりに、こどもと保育者・教師との相互応答的関係について学びます。
教育相談
乳幼児期から青年期まで、こどもと家族・社会をめぐる課題や不適応についての対応法を考え、豊かな社会的環境について検討します
臨床心理学
人間の多様性を理解し、自己理解と他者理解との関係や社会の中でカウンセリング(心理療法)がどのように活かされているのかを学びます。

 

身体・表現

身体・表現

こどもの成長を促すには、人・自然・社会とのかかわりや、あそび・芸術・科学の要素が必要です。この科目群では、体験を重視した身体活動・表現活動をとおして、感じる力やこどもとかかわる人としての高度な専門的知識と芸術的表現力、身体表現力を身につけ、こどもの豊かな人間性を育てるあそびや身体の発達について学びます。野外文化活動をとおして、自然の美しさや不思議さなどに触れ、造形表現では何かを作り上げ表現する喜びを、リトミックでは音楽で心身をあそばせ、音楽表現では演奏表現技術を磨き、こどもの生活に潤いを与え生活と密着させた音楽のあり方について学び、こどもの想像力や創造力、観察力や考える力を培うための学習をします。

[アドミッションポリシー] 

こどもの豊かな表現力を高め援助できる「人」を主として養成します。
こどもの「育ち」に自分の得意分野を生かし貢献できる力を身につけます。
1 こどもの育ちにリトミックを活かしたい人
2 こどもとの造形表現をとおし、育ちの援助について学びたい人
3 音楽表現(ピアノ、声楽、パイプオルガン)を活かし、こどもとの関わりについて学びたい人
4 野外活動を活かし、こどもとの関わりを深めたい人

[カリキュラムポリシー] 

こどもの感性や表現力を豊かにするための多彩なカリキュラム編成
1 専門的知識と技術を身につけながら、新たな創造表現を社会に提起できることをめざします。
*専門的知識と技術を身につけ、新たな身体活動・表現を社会に提起していく保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、学童保育所職員育成をめざします。

[科目紹介] 

リトミック I〜VIII / リトミック演習A・B
音楽は身体を反応させる力を持っており、それを応用し、音楽を体得していく方法がエミール・ジャック=ダルクローズによって考案されたリトミックです。身体活動を通して音楽の要素を体感していきます。
野外文化活動A・B
大学周辺の身近な自然を利用したあそびをとおして、野外活動の魅力を体感し、こども向けのプログラムについても学びます。
オペレッタ・ミュージカル上演法
コミュニケーション能力の知識と技術を身につけ、実習をとおして、自己を解放することを知り、発声の仕方、表情や動作の表わし方などを中心に表現力を磨きます。
声楽演習A・B / ピアノ演習Ⅰ~Ⅷ
自分の得意とする、または得意としたい表現技術を磨き、こどもの感性を豊かにし、こども達の生活にいかに結びつけるかについて学びます。
まんがとアニメ
まんがやアニメの研究方法を紹介、作品を鑑賞しながらその適用方法を一緒に考えます。こどもの柔軟な想像力がアニメ等の発想源に相通じることが分かるでしょう。

 

保育士・幼稚園教職課程

保育士・幼稚園教職課程

笑ったり泣いたり、こどもが見せるいろいろな表情に私たちの心は揺さぶられます。だからこそ、こどもと共に過ごしたいと思うのではないでしょうか。保育士・幼稚園教職課程では、高い専門性と豊かな人間力を備えた保育士・幼稚園教諭の養成をめざします。そのため、理論だけでなく実践力の育成にも力を入れ、こどもと直接触れ合う機会が多くなるよう工夫しています。また、他の科目群と組み合せて、保育に活かせる得意分野を伸ばすこともできます。4年間かけることで、学んだことや経験したことが自分自身の力となり、豊かな人間力へとつながるのです。同じ目標をもった仲間と切磋琢磨しながら、一緒に高い専門性と豊かな人間力を備えた保育士・幼稚園教諭をめざしましょう!

[アドミッションポリシー] 

保育士、幼稚園教諭を養成します。
1 こどもの育ちを援助したい人
2 保護者の子育て支援をしたい人

[カリキュラムポリシー] 

特色あるカリキュラム編成
1 実践を重視し、地域の中でこどもと直接に触れ合います。
2 現場でこどもや保護者に寄り添える保育者を養成します。
3 現場で活かされる「得意」(絵本、表現、創造j、こども心理、児童英語)を伸ばします。
< /dl>

[科目紹介] 

ピアノ表現法 I〜VIII
こどもの美しい歌声や笑顔を引き出す演奏力、こころを弾ませる演奏力を向上させ、卒業までに弾き歌いできるこどもの歌80曲以上をめざします。
幼児体育 I・II
鬼ごっこやボール遊びなどで実際に身体を動かす楽しさを味わいながら、援助の方法とポイントを学ぶとともに、学生自らが運動遊びを企画し、実践します。
造形基礎 I・II
絵を描く際のものの見方や描き方、様々な素材を用いての作品制作などを学び、こどもの造形活動を豊かで楽しいものにします。
保育内容演習・環境
こどもが周囲の環境にかかわり好奇心を増すための保育者の支援方法や教材作成について学ぶとともに、こどもとの交流の場を設けて保育内容の研究を行います。
保育内容研究・言葉
赤ちゃん絵本・科学絵本・昔話絵本・物語絵本など多様な絵本に触れながら、発達段階や年齢にふさわしい絵本を考え、読み聞かせの練習を行います

 

小学校教職課程

小学校教職課程

過去6年間公立小学校教員採用試験実績(東京都、横浜市、相模原市、埼玉県、千葉県、山梨県など)54名中42名合格
「42名」が、過去6年間に東京都、横浜市、埼玉県、千葉県、山梨県の公立小学校教諭として巣立っていきました。小学校教職課程では、さまざまなルートで公立小学校教諭をめざす学生が集っています。都県、政令指定都市の教育委員会推薦枠、東京都教育委員会「東京教師養成塾」連携大学としての指定枠(3名)、そして一般選考。さて、こどもにとっての最大の魅力は「先生の笑顔と元気」です。分かる授業と楽しい友達がいる学級はすてきな場所です。そうしたこどもたちの教育環境づくりを「想像=創造」し、こどもの人間力・学習力・表現力を高めていくための学習への挑戦を続けていきます。

[アドミッションポリシー] 

小学校教諭を主として養成します。
1 こどもと共に活動し、自らの可能性を開花させてより広い視野をもとうと考えている人
2 小学校の外国語活動(英語)に興味がある人
3 教科等の学習指導をとおしてこどもの学びにかかわりたい人

[カリキュラムポリシー] 

地域社会とのつながりを大切にしたカリキュラム編成
1 地域の自然や環境に愛着をもつことのできる学習関連科目
2 地域の遺産、文化伝統を素材とした学習関連科目
*学生自らの可能性を拡げ、課題をもって挑戦していく小学校教諭をめざします。
*学童保育所の職員をめざします。
*公立小学校への就職率80%以上をめざします。

「東京教師養成塾」から小学校教諭をめざす!
この制度は、東京都教育委員会が学生の段階から前もって、東京都で働く意欲と熱意のある小学校教諭を1年間かけて養成する制度です。

公立小学校就職に高い実績!豊かな人間性を育てる純心の指導力。
公立小学校への就職は、過去6年間で54名中42名となりました。周辺の豊かな自然や地域の伝統・文化を教職課程の授業に取り入れ、教諭として豊かな人間性と実践的指導力を兼ね備えた人材が育っています。

「大学推薦」でさらに広がる小学校教諭への道!
本学は、東京都1名、神奈川県1名、横浜市1名、相模原市1名、千葉県・千葉市2名、埼玉県1名、京都府、京都市、大阪府、大阪府豊能地区などの「大学推薦枠」を有し、教職への道をさらに広げています。

※東京教師養成塾(東京都教育委員会)について
東京教師養成塾は、社会の変化や子供・保護者の願いを的確に捉えられるよう、豊かな人間性と実践的指導力を兼ね備えた人材を学生の段階から養成しています。(東京都教職員研修センターホームページより)

[科目紹介] 

教職概論Ⅰ
学びへの意欲を高め、積極的に行動するこどもの育ちに大切な教師の会話力、笑顔力、身振りと識見をどう高め活動に結びつければよいかを事例をもとに考えていきます。
道徳教育の指導法
児童自らが生き方への関心を強め、主体的に行動していこうとする際の指針となる道徳性を内側から育てていけるように、道徳の時間での指導方法・内容についての基礎理論と実践についての授業を行います。
理科概論
小学校「理科」の2領域について必要な教材研究の基礎を学ぶなかで、さらに各単元の学習指導に必要な実験、観察、栽培、飼育に関する基礎技能習得のための理解を図ります。
生活と社会
社会生活についての理解、地域社会や我が国の文化・伝統への愛着を育てる学習指導の在り方について、調べ学習・課題解決型学習の展開を参考にして考えていきます。
教育原理
学習理論を知っていても児童には通用しません。講義では、いかに教師の意図を的確に児童の動きに即応させていくかについて、洋の東西で著名な教育者の著作を基に考究していきます。
小学校英語インターンシップ
児童英語教育概論、外国語活動指導法での内容をインターンシップで実践化し、グループでのリフレクションを積み重ねて真の知識にしていきます。