ホーム>学部・学科>こども文化研究センター>地域共創プログラム

地域共創プログラム

 地域のこども文化発展のため、また地域の保育・教育の質的向上に貢献するために、こども文化研究センターでは、年間を通じて<地域共創プログラム>を実施しています。

 地域の保育園・幼稚園・施設などへの学生ボランティアの派遣、豊かな自然に恵まれた本学施設の地域への開放、未来の保育士である学生たちとの交流など、多様なプログラムを用意しています。地域と連携し、共に創り上げる経験を通して、地域と共にあるこども文化研究センターの役割を果たしてまいります。

 

TOPICS

    記事はありません。

【通年・派遣】学生ボランティア派遣

~純心マッチの会~
 センターでは、学生ボランティアを地域の保育園・幼稚園・施設などに派遣し、教員によるボランティア学生の指導を通して地域の保育の現状の理解と支援に努めています。
~仙台の被災地でのボランティアをとおして~
山ノ井 江梨(こども文化学科2年)
 2013年9月9日~12日、3泊4日の短い期間でしたが、カリタスジャパンが主催する被災地ボランティアに参加しました。
 宮城県登米市にある米川(南三陸)ベースを活動拠点とし、そこからボランティアセンターへ行き、他の団体の方や個人の方と合流しました。1日目は小山にある漁業所で縄に付いた貝剥がし、2日目は苺農園で苗植え、3日目は1日目とは別の漁業所で貝の仕分け、養殖の網作りを行いました。
 今回は一人での参加でしたので、一日目は緊張が抜けずもっと漁師さんと会話を楽しみたかったなあという思いが残りました。でも、そんな私にベースの方や活動場所で会った方の皆様がとても優しく、困るようなことは一切ありませんでした。
 現地の漁師さんがおしゃっていた「瓦礫ってみんないうけど俺たちにとっちゃ瓦礫じゃないんだよな」の言葉には思わず返す言葉が見つかりませんでした。周りの風景を見ても、平地の上に建つ綺麗な家や取り壊しになっている家など、目に映るすべての映像は、震災後二年という月日が経っていても変わらず私に訴えてくるものがありました。今回の貴重な体験を通して私が感じたものは、何故多くの方は過去のものとして忘れていき、今の被災地の状況を見て見ぬふりが出来るのか?ということです。東京に帰ってきて強く違和感を覚えました。これは、東北に限らず言えることだと思います。
 私は小さなお手伝い程度しか出来ないかもしれませんし、参加できる回数も少ないかもしれませんが、必ずまたボランティアに参加させていただきたいと思いました。そして、そこで感じたことを周りの人に伝えていきたいと思いました。

【通年・派遣】東京都社会福祉協議会保育講師来園研修事業

 小規模な保育所などでは、職員の方々に外部にお足運びいただき、大学などで実施される公開講座やワークショップにご参加いただくのは非常に困難であるのが現実です。
 そこで、当センターでは、東京都社会福祉協議会の保育士講師来園研修事業に協力するかたちで、講師を保育所等に派遣し、現場の保育職の方々のニーズに合わせた研修プログラムを実施しています。
2014年度実施プログラム(8月以降に実施されます)
2013年度実施プログラム(終了しました)
「保育記録のポイント」「保育所保育指針の活かし方」「おもしろい劇あそび」「からだあそび・ダンス」...東京都内9園の保育園で実施されました。

【通年・公開】純心こどもの広場

純心こどもの広場
 本学は滝山城址の緑豊かな小高い丘の上に学び舎を構えています。創設者のシスター江角ヤスが植樹したメタセコイヤの大木やたくさんの樹木に囲まれ、日々の労作によって整えられた花壇は四季折々の花々でいっぱいです。こうした恵まれた自然環境を折に触れ地域のこどもたちに開放しています。  移動保育で純心の丘を駆けまわり、未来の保育士である学生たちとの交流授業に参加できます。ご関心がおありの保育施設の方からのご連絡をお待ちいたしております。
お問合せ:042-692-0326(学務課・柳)
E-Mail:gakusyu@t-junshin.ac.jp
2013年度実施プログラム(風の子幼児園のこどもたちが来学しました)

【公開】純心こども縁日

2014年11月1日、2日 聖母祭
地域のこどもたち、集まれ!
 地域のこどもたち、集まれ!
 11月1日、2日に行われる聖母祭でこども縁日を行います。輪投げやボールあて、魚釣り...未来の保育士たちが手作りした遊びの広場です。一緒に楽しく遊びましょう。

【公開】純心こどもの国のクリスマス

 2004年にこども文化学科が開設されて以来10年以上実施されてきた地域共創プログラムです。毎年、八王子市および八王子市教育委員会の後援を受け、加住小学校学童のこどもたちと一緒に舞台を創っています。
 毎年プログラムは異なりますが、純心こどもの国のクリスマス実行委員会の学生が主体となって、企画から実施まで、すべての運営を行っています。学生たちの自主性を伸ばし、保育の現場に出てから必要とされる共働・共創の精神を涵養する本学の特色ある教育プログラムの一つです。
2013年度(終了しました)
第一部...手作りおもちゃ作りワークショップ
第二部...加住小学校学童児童によるダンス
第三部...創作劇
2014年12月6日(土曜日)

【通年・公開】高大連携

~都立八王子北高校~
~都立砂川高校~
 高大連携事業として、本学の講義を上記の高校の生徒さんに公開し毎年希望者の方が受講しています。上記高校の生徒さんは本学の所定の講義を受講することで高校の一定の単位が認められています。
 受講科目例:児童文学論、児童文化論、野外文化活動