ホーム>学部・学科>看護学部看護学科>看護研究会

看護研究会

看護研究会について

看護学部看護学科には、大学直属の学生課外活動(クラブ活動)として、看護研究会があり、平成29年度は4研究班に分かれ活動しています。各研究班では学生が自主的に探求し、本学科の教員が各研究班の顧問としてサポートしています。
課外活動のため入会は各学生の自由意志によりますが、ほとんどの学生が研究会に所属し、それぞれ興味がある分野について研究しています。
看護研究会には、大学後援会からの補助があり、学生達の課外活動を支えていただいています。
昨年度までの活動については、これまでの看護研究会の活動をご覧ください。

看護研究会研究班紹介

看護研究会 ケア技術研究班
[活動目標] 
アロマセラピーを取り入れた看護技術の「手当て」を対象に実践できることを目指します。
[本年度活動予定] 
習得した「手当て(ハンドトリートメント)」を学内行事や外部施設行事などで実践します。
[活動実績] 
✿ 平成28年度看護研究会ケア技術研究班の活動はこちら
看護研究会 在宅・ホスピスケア研究班
[活動目標] 
在宅ケア・ホスピスケアの理解を深めるための啓発を目指します。
[本年度活動予定] 
特別養護老人ホーム小松原園の福祉フェスティバルに参加し、地域住民の健康と支援を考えます。
桜町病院ホスピスセミナーに参加、あるいは、聖ヶ丘病院等のホスピス病棟への見学を実施します。
活動内容を聖母祭で発表し、来場者の方と人生の最終段階について語り合います。
[活動実績] 
✿ 平成28年度看護研究会在宅・ホスピスケア研究班の活動はこちら
看護研究会 ミュージック・ケア研究班
[活動目標] 
音楽表現する心を養い、表現力を高め、音楽による社会貢献を目指します。
本学のクリスマスコンサート出演を目指します。
[本年度活動予定] 
トーンチャイム勉強会。
病院・施設訪問演奏。
[活動実績] 
✿ 平成28年度看護研究会ミュージック・ケア研究班の活動はこちら
看護研究会 手術患者の看護研究班
[活動目的] 
急性期看護学実習で実践する援助技術の習得と向上を目指します。
[本年度活動予定] 
手術後看護で実施される深部製脈血栓予防のための援助。
1.体位の変化による下肢の血流の変化を知る。
2.深部静脈血栓予防策の効果を知る。
3.データを合併症予防に効果的な術後患者の援助を検討する。
[活動予定] 
✿  手術患者の看護研究班は、平成29年度に新設された新しい研究班です。
7月~9月、11月の水曜日・木曜日の放課後に活動する予定です。