ホーム>現代文化学部こども文化学科>ニュース一覧>シリーズ・ゼミ紹介 ―岡部ゼミ―

シリーズ・ゼミ紹介 ―岡部ゼミ―

こども文化学科では、卒業論文等に向けた研究のゼミが3年生から始まります。
今回は、4年生の岡部ゼミを訪問しました。
岡部先生はどんな先生ですか?
面白くて優しい先生です。こども文化学科の4年生は全員好きだと思います。
虫、石、植物についてとても詳しいです。知らない虫はいないんじゃないかと思います。
授業がとてもわかりやすいです。後からノートを見直すと、その日に習った授業がよみがえります。
岡部先生のゼミはどんな雰囲気ですか?
明るくて仲が良いゼミです。いつもお互いに助け合っています。
いつもゼミの仲間で資料を持ち寄って勉強しています。教育実習で失敗してしまったことがあっても、みんなに相談することができます。そんな雰囲気のゼミです。
みなさんはどのようなことを研究していますか?
「ドラマトゥルギーを用いた児童英語劇の上演法」について研究しています。1年次~3年次にオペレッタの授業を履修し、劇を作る方法について学びを深めたいと思い、研究テーマにしました。
「外国語活動が児童に与えるものとは~これからの外国語活動の展望~」について研究しています。小学校3、4年生から英語の授業がはじまります。アジアと日本の外国語活動を比べて、日本で目指す外国語活動、教師ができる授業の工夫についてまとめたいと考えています。
テーマは「外国語活動はなぜ英語なのか~日本とペルーを比べて~」です。外国語活動は英語ではなくても他の言語でもいいのではないかという観点で研究を進めています。
「児童公園のもつ教育的意義—八王子市内における児童公園の考察を中心にして—」というテーマで、公園の中で学べることって何だろう、学べる理想的な公園とはどのような公園かということについて研究しています。

岡部先生のゼミで勉強して、どのようなところが成長したと思いますか?
教育実習で話をする時はもちろん、普段から正しい日本語を使うように言葉使いに気を付けるようになりました。
物事を関連付けて考える力がつきました。
視野が広がりました。他の人の考え方も理解できるようになりました。
校外授業を通して自然に関する知識が増えました。入学当初はわからなかったけど、純心ってこんなに自然があるんだって気づくことができました。
岡部ゼミのみなさん、ありがとうございました。次回は田中ゼミをご紹介します。