ホーム>インフォメーション>クリスマスチャリティオルガンコンサート2018を開催しました

クリスマスチャリティオルガンコンサート2018を開催しました

 12月15日(土)恒例となった開演前の行列には小さなお子様からシニアの方まで幅広い年代の方が並んでくださいました。久しぶりの再会を喜ばれる方、偶然の出会いに驚かれる方など、開演前から会場はあたたかな雰囲気に包まれました。開演を知らせるトーンチャイムが会場内に澄んだ音色を響かせるとムードは一気にコンサートに。
暗闇の中、鏑木陽子先生のオルガン演奏が響き渡り、続いて学生によるイザヤ書の朗読、そして再びオルガンという演出で聴衆の心を掴みました。山脇卓也先生ご指導による合唱団の澄んだ歌声は、もっときいていたいというお声をいただいたほどです。酒井多賀志先生によるポジティフオルガンの演奏は、柔らかな音色でオルガンの新しい一面を楽しみいただけました。前半最後はみんなで歌うコーナーで、お子様をはじめ会場のみなさまと一緒に楽しむ時間となりました。
 Junshin Christmas Marketは2回目の試みでしたが、今年も多くの方で賑わいました。シスター手製の手芸品はあっという間に完売となりました。マーケット会場には、現代文化学部2年の学生によるピアノ演奏でクリスマスのスタンダードナンバーが心地よく響き、マーケットを盛り上げました。今年のクリスマス絵本は、大竹ゼミの学生による選書で一つ一つに手作りのポップが付けられ、こども達にも大人気。急遽、学生による読み聞かせがはじまり充実したコーナーとなりました。恒例となっている卒業生による「くぬぎクリスマス展」も壁面を彩り、多くのご来場者が見入っていました。
 後半スタートにあわせて、3人の博士がベツレヘムへ向かう途中江角記念講堂を横切るという演出があり、聖書の世界を楽しく理解することができました。引き続き、鏑木陽子先生によるオルガン解説。これは、昨年度のアンケートにお寄せいただいたご意見を実現したもので、オルガンの仕組みに感心されたお客様も多かったようです。
後半の演奏は、酒井多賀志先生の圧倒的な《流離》からスタートし、天日倫代先生と鏑木陽子先生によるアンサンブルなど聞き応えのある、正統派のオルガン曲でクリスマスの静謐な時間を味わうことができました。ヴァイオリンの情熱的で格調高い音色は、多くの方がその余韻に浸ったようです。
 プログラム最後は、恒例の「きよしこのよる」の合唱。パイプオルガンに合わせて江角記念講堂が一つになる時間となりました。あっという間に時間は過ぎ、お客様をお見送りする頃には、クリスマスイルミネーションがキラキラと輝いていました。
 ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。お寄せいただきましたチャリティのご報告は後日させていただきます。