ホーム>研究支援>研究倫理

研究倫理

研究活動不正及び公的研究費の適正な使用に関する取り組み

東京純心大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日(令和3年2月1日改正)文部科学大臣決定)ならびに「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、研究活動及び公的研究費の不正使用を防止し、適正な運営・管理を行うように努めてまいります。
本学における公的研究費の管理・監査体制について
本学における公的研究費の管理・監査体制は以下のとおりです。
341106公的研究費の管理・監査体制図_4.6.22
公的研究費の不正防止計画
公的研究費の適正な運営・管理を行うため、以下のとおり不正防止計画を策定しています。
241106公的研究費不正使用防止計画_28.10.1
公的研究費の適正な使用・管理、研究活動不正の基礎となる環境の整備
研究費の使用・管理、研究活動の不正について規程等を定め、公正な研究費の使用ができるように体制を整えています。また、構成員全員に対して誓約書の提出を求めています。

241104公的研究費の使用に関する行動規範_28.10.1
141136公的研究費の管理・監査及び研究活動における不正防止に関する規程_4.6.22
誓約書(研究者一般用)
お取引業者の方へ
文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」において、取引業者に対して不正な取引に関与しない旨を定めた誓約書の提出を求められております。本学では一定以上の取引のある場合に、誓約書の提出をお願いしております。
東京純心大学における、公的研究費の不正使用に関する告発等受付窓口
研究活動不正及び公的研究費の不正使用に関する告発等を受け付ける不正使用等告発等受付窓口を設置しております。

告発等受付窓口
東京純心大学 企画調整課
〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
TEL.042-692-0326(代表)
その他
研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)平成19年2月15日(令和3年2月1日改正)文部科学大臣決定
研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン 平成26年8月26日文部科学大臣決定