ホーム>保護者の方>東京純心大学後援会

東京純心大学後援会

保護者の方へ

後援会について
本学には、教育の充実発展を図るため、学生の課外活動及び福利厚生に関する事項に対して援助を行うことを目的とする東京純心大学後援会がございます。
本会は、正会員として本学在学生の父母兄姉等保証人にご入会いただいています。また準会員として卒業生の父母兄姉等保証人に継続してご入会いただいています。
本学学務課では、後援会と連携しながら、学生がよりよい大学生活を送れるようサポートしています。

後援会より

東京純心大学後援会 平成30年度会長からのご挨拶
夏の陽射しが降り注ぎ、花々が美しい季節となりました。会員の皆さまには、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。今年度2期目として後援会会長を務めさせていただくこととなりました。日頃より、後援会の活動に対しまして、格別のご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
今春も、新入生の保護者である会員の皆さまをお迎えいたしました。新入生の保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。学生達が充実した大学生活を送れますよう努力して参りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。
現代文化学部では、昨年度、最後の国際教養学科卒業生を送り出すことができました。同学部こども文化学科の卒業生は就職率が100%となり、それぞれ研鑽の成果を携え、幼児教育のエキスパートとしてのキャリアを積み重ね始めたと伺っています。一方、看護学部では、昨年秋、専門領域実習を履修する3年生が、本学の教育理念のもとこれまで積み重ねた学修を振り返り看護専門職をめざす者として成長し続けることを誓う、本学開学以来初めての看護学部宣誓式に臨みました。その学生達が、今年度は国家試験に挑み、いよいよ実社会への巣立ちを迎えます。ご指導いただいている教職員の皆様には、後援会会員を代表して、改めてお礼申し上げます。
学生達が本学で学ぶことの喜びと誇りを持って有意義な学生生活が送れますよう、会員の皆さまには、今後ともご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
(東京純心大学後援会会報 Vol.17 2018年号より転載)
  後援会会報Vol.13からVol.16まで  
平成30年度後援会事業について
東京純心大学後援会では、平成30年度に下記の事業を行います。
Ⅰ 学生活動支援事業
    (1) こども文化研究会に対する支援
    (2) 看護研究会に対する支援
    (3) 大学合唱団に対する支援
    (4) アンジェラ会に対する支援
Ⅱ キャンパスライフ支援事業
    清掃等環境整備補助、学生食堂利用補助等
Ⅲ 教育活動支援事業
    (1) 現代文化学部の活動に対する支援
    (2) 看護学部の活動に対する支援
    (3) IT環境整備に対する支援
    (4) 図書館環境整備に対する支援
Ⅳ 奨学金支援事業
Ⅴ 入学・卒業事業
Ⅵ 危機管理整備事業
    非常用備蓄食補助、正門警備補助等
Ⅶ 積立金
総会および会報について
後援会は、例年春に総会を開催します。会員の皆様に大学をご覧頂ける機会となっております。ぜひご参加ください。
また、総会後には会報を発行し、後援会事業報告に関する記事等を掲載しています。会報は、正会員および前年度正会員(前年度卒業生の保証人)にお送りしています。

[平成30年度] 東京純心大学後援会総会を開催しました
[平成30年度] 東京純心大学後援会総会のお知らせ
[平成29年度] 東京純心大学後援会総会を開催しました
[平成29年度] 東京純心大学後援会総会のお知らせ
[平成28年度] 東京純心大学後援会総会を開催しました
[平成28年度] 東京純心大学後援会総会のお知らせ
[平成27年度] 東京純心大学後援会総会を開催しました
[平成27年度] 東京純心大学後援会総会のお知らせ