ホーム>現代文化学部こども文化学科>ニュース一覧>高大連携事業 白鵬女子高等学校サマーセッションを開講しました

高大連携事業 白鵬女子高等学校サマーセッションを開講しました

 7月29、30日、8月3、4、5日の5日間に亘って現代文化学部・こども文化学科は「こども文化特講C」を開講し、白鵬女子高等学校の25人の生徒さんが90分授業を15回受講しました。そして、同高等学校の保育コースに所属する生徒さんらしく、規律正しく機敏に本学の環境に適応して下さり、「4年制大学で保育を学ぶ意義を実感しました」等の感想を寄せてくれました。同講座は東京純心大学の正規の科目で、最終日には受講証明書が授与され、将来、本学に入学した場合には2単位が卒業要件単位として認定されます。