ホーム>現代文化学部こども文化学科>ニュース一覧>こども文化学科の授業紹介 ―野外文化活動B―

こども文化学科の授業紹介 ―野外文化活動B―

保育士養成科目「野外文化活動B」の授業風景をお知らせいたします。
この授業は、幼児の野外活動を実施するための知識や技能を習得するために実施しているものです。授業のねらいは、
①冬季の自然観察の方法を知り実践する 
②ウォークラリーを企画し野外活動を実践する 
③野外活動における安全に配慮した活動法を知り実践する 
の3つです。

 

  平成30年2月12
日(月)~2月14日(水)に、こども文化学科の野外文化活動Bの授業を高尾の森わくわくビレッジで実施しました。  

平成30年2月12日(月)~2月14日(水)に、今年も八王子市の「高尾の森わくわくビレッジ」に宿泊し、2泊3日で実施しました。3日とも好天に恵まれ、予定通りの内容を実施することができました。

 

  平成30年2月12
日(月)~2月14日(水)に、こども文化学科の野外文化活動Bの授業を高尾の森わくわくビレッジで実施しました。  

樹木の冬越しの様子を観察しています。カワヅザクラを観察しています。よく見るともう既に蕾が膨らみ、あともう少しで咲きそうでした。春の訪れを皆で実感しました。

 

  平成30年2月12
日(月)~2月14日(水)に、こども文化学科の野外文化活動Bの授業を高尾の森わくわくビレッジで実施しました。  

北浅川では、カモのペアーを見ることができました。もう少したつと、北の国へ旅立っていくのですが、寒い時期ならではの野鳥の姿を見ることができました。河原には、コサギ、ツグミ、カワセミ、ハクセキレイなどの野鳥も観察することができました。

 

  平成30年2月12
日(月)~2月14日(水)に、こども文化学科の野外文化活動Bの授業を高尾の森わくわくビレッジで実施しました。  

ウォークラリーには、「コマ図」という地図が、歩くポイントごとに必要です。スタート地点の「コマ図」を作成しています。道路や様子や周囲の特徴を示す設備などを、記号などを使いシンプルな地図に仕上げていきます。

夜は、冬の星座を観察しました。雲も月も出ていなく、星の観察には絶好のコンディションでした。雄大なオリオン座は、見つけやすい星座です。オリオン座が見つかれば、近くのシリウスやプロキオンといった1等星も見つかり、「冬の大三角形」を観察し、寒さも忘れて、冬の星空をたっぷりと楽しむことができました。