ホーム>現代文化学部こども文化学科>ニュース一覧>高大連携事業 東京女子学院高等学校サマーセッションを開講しました

高大連携事業 東京女子学院高等学校サマーセッションを開講しました

 8月2日(月)、3日(火)に現代文化学部こども文化学科では高大連携事業<純心サマーセッション(オンライン)>を開講し、東京女子学院高等学校の21人の生徒の皆様が受講しました。

 

 

 

「保育フィールドワーク」の授業では、2年次から4年次に行う幼稚園教育実習及び保育実習についてお話しました。大学の授業で学ぶ理論的な学習と実習での実践的な学びを深めることで、子どもの保育・教育に携わる専門家としての力を身につけていきます。

 

 

 

生徒の皆様は集中して受講してくださいました。受講してくださった6つの科目の中からテーマを選び、今後800字の小論文の課題に取り組まれる予定です。

 

同講座は東京純心大学の正規の科目で受講証明書が授与されます。今後開講される講座を全て修了された方が、将来本学に入学した場合には1単位が卒業要件単位として認定されます。